2008年07月20日

審判のレベルがちょっと・・・

雨がテントに当る音で5時前に起きてしまった
さっさと撤収準備をして6時半には出発わーい(嬉しい顔)早っ!

午後から久々の厚別へ
札幌1-1神戸
2人少なくて何とか勝ち点1を死守って感じですが前半は走れないわ、セカンドボール拾えないわ、パスは繋がらないわ、内容はよろしくない
西がボランチに入ってる為に芳賀が西が気になって動き回れない感じで中盤のプレスが効かない感じ
ダビも前節のキレはちょっと無し

それにしてもまたまた審判が酷い
(前節は例の家本さんだったし、当るなぁ・・・)
今年見た中では一番酷かった(ワースト1です)
東城主審はスペシャルレフェリーなんですよね?(あれでは厳しいと思いますわ)
とにかくあれだけ笛の基準がバラバラなら選手も戸惑うだろうな
走れて無いから見てるポジションが悪いのさ
岡田さんなんか最近は走れて無いから遠くから雰囲気で笛を吹いている感じが見受けられる
昨年のシーズン後半、外国人の審判を招待しましたが誰が見ても非常に上手でしたね
自宅に戻ってからスカパーの録画を何と無く眺めていると解説の野々村は「天気と同じだ!晴れの日もあるし雨の日もある。」とジャッジに関して表現してましたけど
posted by rolly at 00:00| Comment(0) | consadole | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: